HOME > 会社情報 > 丸善食品工業を支える活動

会社情報

丸善食品工業を支える活動

商品開発〜多様化する食へのニーズにきめ細かく対応します。

食は生活の基本です。ライフスタイルに合わせて求められる味があり、求められるパッケージがあります。当社は、食に関するマーケティングのみならず、暮らしや生活文化に関わる多角的なデータを蓄積、分析し、新商品開発に役立てています。一つの開発テーマに基づき、各分野のエキスパートがプロジェクトチームを組み、原料の選定から処理、製造、パッケージングまでをトータル的にクリア。日本で最初にニンジン濃縮液の常温保管に成功するなど、その優れた開発力はつねに業界から注目を集めています。また、海外から調達する原料については、現地農場と契約を結び栽培指導を行った上で買い付けるなど、世界にネットワークを広げながら味と安全の両面から高品質を追求しています。


製造〜味わいと安心の両立が、高品質の基本です。

多種多様な商品づくりにお応えするため、本社工場・須坂工場・富士小山工場の3つの製造拠点に、多品種大量生産(FMS)に対応した最新設備を導入しています。また、パッケージにおいてもPETボトルや缶、ボトル缶、レトルトパウチなど製品特性に合わせたフレキシブルな対応システムを完備。さらに食製品を扱う上で最も大切な安全面に万全を期すため、FSSC22000やISO9001による衛生管理体制を整え、JAS認定工場検査設備や細菌検査設備による厳しい検査を行うなど徹底した品質管理を追及しています。

本社工場

千曲川を臨む本社工場では、澄んだ水を純水装置で精製して高品質な商品づくりに応用。1分間に800缶を生産する飲料ラインをフル稼働し、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、果汁飲料などを手がけています。


缶コーヒー・ウーロン茶製造設備1ライン日産 30,000c/s(90万本)
PETボトル飲料製造設備1ライン日産 34,000c/s(81.6万本)
炭酸缶・ボトル缶飲料製造設備1ライン日産 35,000c/s(84万本)
レトルト食品製造設備一式日産 40,000食
ソフトパウチ製造設備一式日産 160,000食

須坂工場

果物の里として名高い須坂市に位置する須坂工場は、産地直結型の製造拠点としてとれたての果実や野菜をスムーズに製品化。高度な原料前処理技術で、調達した原料のみずみずしさを生かしながら、フレッシュな商品をつくり出しています。



アセプライン1ライン日産 40,000c/s(96万本)
トマトケチャップ製造設備一式日産 2,500c/s(50,000本)
なめ茸・山菜類ビン詰製造設備一式日産 2,000c/s(6万本)

富士小山工場

富士の裾野、箱根外輪山の山ふところに抱かれた富士小山工場は、首都圏からごく近距離に位置し、富士水系の良質な水を利用したHACCP対応工場として高品質な商品をつくり出しています。



アセプ1号ライン1ライン日産 34,000c/s(81.6万本)
アセプ2号ライン1ライン日産 40,000c/s(96万本)
アセプ3号ライン1ライン日産 40,000c/s(96万本)

総合衛生管理製造過程(HACCP)承認取得

本社工場・清涼飲料水(その他の清涼飲料水(密栓・密封後殺菌、殺菌後密栓・密封))
  厚生労働省発関厚1222第3号
須坂工場・清涼飲料水(その他の清涼飲料水(殺菌後密栓・密封、無殺菌・無除菌))
  厚生労働省発関厚0908第3号
富士小山工場・清涼飲料水(ミネラルウォーター類、その他の清涼飲料水(殺菌後密栓・密封)、
 その他の清涼飲料水(無殺菌・無除菌))  厚生労働省発東海厚1225第2号


販売・物流〜信州から全国へ、信頼のネットワークが広がります。

本物の味が手軽に楽しめるとご好評いただいている自社ブランドのテーブルランド。その販売ネットワークは信州から全国に広がり、多彩な商品群をベースとして、積極的な商品販売、技術提案により、着実にシェアを伸ばしています。今後、更にマーケティング戦略を強化し、より消費者ニーズをとらえた価値ある商品を提供していきます。また、物流面においては、屋代ロジスティクスセンターを拠点として、効率的な在庫管理と出荷体制を実現。広範囲なエリアに迅速かつ正確な商品供給を行っています。

会社情報トップへ企業概要ごあいさつ事業所一覧グループ企業情報沿革経営方針・ロゴマーク企業理念労働安全衛生方針環境方針食品安全方針新しい食文化のクリエーター丸善食品工業を支える活動安全・安心への取り組みニュースリリース